FC2ブログ
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  アメリカドル (USD)  -  2006.03.08.Wed / 00:06 
FX講座というカテゴリを設けました。

昨日株式講座を設けておりますが、同じ意図です。

FX講座 第一回目は通貨の特性です。今回は最もメジャーな通貨
アメリカドルの紹介です。


アメリカ合衆国(アメリカドル)

言わずと知れた市場の最先端をリードする主要国であり、基軸通貨。
世界中のトレーダーがドルに注目し各国に影響を与えます。

資金の流動性が高く、各国トップの発言、経済指標、
財務機関主要人物の発言等により為替レートは大きく上下したりします。

2004年12月14日それまでFOMC(連邦公開市場委員会)
に於いて、政策金利 FF(フェデラルファンド)レートが2%だったものを0.25%利上げして2.25%になりました。

以降、段階的に利上げは継続して行われており、
一年後の2006年12月14日で4.25%にまでなりました。

しかし、その時に「緩和的」という表現が削除されたため今後利上げ継続が終わるのではないかという見方が出てきました。


今後のアメリカは・・・
財政赤字と経常収支赤字の双子の赤字
原油価格の高騰に対する影響
バーナンキ新議長の采配
中国元の利上げ懸念、住宅バブル、インフレ懸念
テロや戦争など

非常に多くの問題を抱えています。


マーケットが一番盛んになるのが日本時間の19時から24時頃。
この時間帯に米の重要な経済指標が発表されることが多く、
世界中の投資家が注目します。
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

山本

Author:山本
株式・為替・先物・オプション etc...
投資に関する仲間を募集中

相互リンク依頼も現在
受け付けています。

コンタクト、リンク依頼はこちらへ
marketegg-info@☆mail.goo.ne.jp
(送信する時は☆抜きで)

 カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



CopyRight 2006 兜町 牛と熊と にょろにょろヘビ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。