スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  レンジ内スキャルでリスクを取るか?  -  2008.11.03.Mon / 20:56 
チャートがフラッグの状態でレンジスキャルしようとした事ありますよね。
レンジの端から端までとれるんじゃないかと。
レンジの時間が長くなれば長くなるほど、そのレンジは強いサインとなります。

しかし、その強いサインは逆に言うとブレークしたときも強力なサインとなります。
だからストップロスを置くのですが、ブレークした直後は一時的にボラティリティが上昇するのでストップロスにひっかかった後、再びレンジに戻るときがあります。

いわゆる騙しって奴ですね。 
だからと言ってストップロスを深めに取るとレンジブレイクだったりして、
あっという間に損失が出たりします。

すごく難しいですよ。
上手くコンスタントに取れている人には感心します。

・どの期間においてレンジと見ているのかがハッキリしている
・それをとるだけの値幅があるのか(スプレッド、手数料も勘案して)
・プロフィットオーダーを何処にいれるか、トレイリングストップにするのか
・数pips取るためにリスクを取る価値があるのか?

上記が判断材料だと思いますが、個人的にはポジションを取らない方が多いです

No.206 / 為替 / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

山本

Author:山本
株式・為替・先物・オプション etc...
投資に関する仲間を募集中

相互リンク依頼も現在
受け付けています。

コンタクト、リンク依頼はこちらへ
marketegg-info@☆mail.goo.ne.jp
(送信する時は☆抜きで)

 カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



CopyRight 2006 兜町 牛と熊と にょろにょろヘビ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。