FC2ブログ
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  損切りルール  -  2006.05.27.Sat / 21:47 
前回の続きです。前回はこちらhttp://marketegg.blog45.fc2.com/

損切り自分ルール
基本は、利大損少、利より生き残り、判らない時は参戦しない。

A.1ポジションにつき、最大損失は自己資金の3%

B.ブレイクアウトで利益を狙う場合は浅くストップを置く

C.これはあまりやらないですが、Bでブレイク失敗による
投げでドテンショート(ロング)&トライ失敗のちょっと上にストップ

D.利が乗ってきたら増し玉&トレーリングストップ。ストップラインは
最初のストップ幅よりも浅く。

 
ストップで難しいのは騙しで巻き込まれないようにする事。
でもこれを完全に避けるのは不可だと思っています。

ですから、騙しで巻き込まれないようにする事も大事だと思います。
騙しはいつ発生するか?
指標時、要人発言、突発的ニュース、各国のオープンタイム・・・
ボラティリティが増加する時にそれは高い確率で発生します。

ブルが成長を続けている最中は、弱い指標をもろともしません。
ベアが成長している時も同じです。強い指標をもろともしません。

そんな時の指標はボラティリティが増加するので
Aのルールに則り、最大まで損切りラインを下げます。
まぁそれでも刺さってしまう時は刺さってしまうのですが・・・。
3%のラインがテクニカル的に分厚いサポート&レジスタンスラインを
またぐ時はとても効果的だと思います。

ブログでもポジショントークはよく目にするが、ストップについては
あまり見ませんね。みんなどうやっているんでしょうか?
教えてくださいm(__)m
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

山本

Author:山本
株式・為替・先物・オプション etc...
投資に関する仲間を募集中

相互リンク依頼も現在
受け付けています。

コンタクト、リンク依頼はこちらへ
marketegg-info@☆mail.goo.ne.jp
(送信する時は☆抜きで)

 カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



CopyRight 2006 兜町 牛と熊と にょろにょろヘビ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。