FC2ブログ
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  よくある失敗  -  2006.05.23.Tue / 19:37 
株でも為替でも、ストップロスを置く時によくある失敗をします。
今でもします。

損きりを早くする為にストップを浅く置いて、引っかかった後に
値が戻っていくような事。 後悔が残ります。

また、

損きりを深くしたために、ズルズル相場は下げて約定してしまった。
これならば浅くして置けばよかった・・・と思う事。


ストップの置く位置ってのは、とても奥が深いと思いませんか?
 
 

・自己資金量に対して損失が何パーセントになったら仕切る
・自分の立てたポジションの価格から何パーセント落ちたら仕切る
・前日の安値、直近の安値になったら仕切る

他にも色々ありますが、どれが一番効果的でしょう?
これに関してプロでも意見が分かれ、色んな本を読みました。
その結果、極論を言ってしまえば

「個人の裁量による」で片付けられてしまいます。

でもこれが真実だとも思います。
じゃあ、「個人の裁量」とする際の基準があればいいと思いませんか?

次回へつづく・・・。
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

山本

Author:山本
株式・為替・先物・オプション etc...
投資に関する仲間を募集中

相互リンク依頼も現在
受け付けています。

コンタクト、リンク依頼はこちらへ
marketegg-info@☆mail.goo.ne.jp
(送信する時は☆抜きで)

 カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



CopyRight 2006 兜町 牛と熊と にょろにょろヘビ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。